Menu
自費出版の費用
自費出版の費用

日本でのオフセット印刷について

0 Comment

1900年に入り、日本にも外国の印刷・製版機械や新しい技術が続々と紹介されるようになり、また日本人の技術者による新しい印刷機も開発されるようになり ました。
日本では、 1914年(大正3年)に、現在のハマダ印刷機械の創始者、浜田初次郎がアメリカのポ ツタl社の機械を参考にして、国産オフセット第 1号機を作り、 翌年 にも輪転オフセット印刷機を完成させています。
続いて 1924年には、石井茂吉と森沢信夫が、和文写真植字機の開発に取り組み、写真植字機研究所(のち写研)を設立しています。写真植字はその後、文字印刷 においては活版法と並ぶ重要な技術となりました。
昭和に入り、第二次世界大戦後には、印刷、製版、イン キにおいても次々と新しい技術が生まれました。また紙以外の広範な材料にも印刷できるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です