Menu
自費出版の費用
自費出版の費用

訴求力の重要性

0 Comment

出版社から依頼を受けて執筆するといった場合、書き出しは比較的自由と言えるでしょう。しかし、自費出版の売り込みといった際の原稿では話は違うのではないでしょうか。出版の流れとして、編集者が企画をし、作家に原稿を依頼するというのが、通常の流れと言えるでしょう。しかし、自費出版となると、企画、執筆を自身で行い、その原稿を出版社にプロモーションしていくことになるでしょう。通常の出版のような書き出しでは、そもそも出版関係者にとっては星の数ほどいる作家と変わらず、だとすれば無名の作者でなく、ある程度知名度のある作家や、その道の専門家に依頼する方が良い選択となってしまうでしょう。つまり、売り込むポイントとしては、わざわざ自分の原稿を選んでもらうということが必要になってくると言えるでしょう。そのためには、他の作家には無い「訴求力」というものが重要でしょう。自費出版という形態である以上、自身の主張や考え方というものは何よりも重要視されるものでは無いでしょうか。企画書の作成にも通じますが、文章の上手い下手という部分ではなく、自身の主張をわかりやすく簡潔にダイレクトに伝えていくということが重要なのではないでしょうか。誰でも知っているような一般論から書き出すのではインパクトも個性も感じられないでしょう。自身の主張のために必要であると思われる事のみを厳選し、テーマがぼやけないようストレートに原稿に書き込んでいくということが望ましいでしょう。そうして書かれた原稿であれば、サンプルとしても抜粋しやすく、読み手にもダイレクトに伝わるのではないでしょうか。上手く書こうとしたりせず、余計なものを省く分、細かい部分に神経を使い、より精度の高い原稿を書くことが望ましいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です