Menu
自費出版の費用
自費出版の費用

書く枚数

0 Comment

自分の書いた本を出してみたい人は沢山いると思います。自費出版を検討されている方も多いのではないでしょうか。 では、本を作るには一体どれほどの分量の文章を書かなければいけないのか。気になるところでしょう。 一般的には400字詰め原稿用紙で、250枚から300枚程度といわれています。これで200ページ前後の本になります。自費出版の本ならば、読む側からしてもこのあたりが大体の適量のようです。この時点で、「そんなに沢山の文章を書けるだろうか」と不安に思った方もいらっしゃるかもしれませんが、難しく考える必要はありません。確かに、普段から文章を書き慣れていないという人にとってはかなりの分量に感じるかもしれません。ですが、書きたい内容があり、それを文章で表現し始めると量を書くということ自体は、それほど大きな問題ではなくなってくるでしょう。

また、枚数を設定して書くことが必ずしも必要というわけでもありません。 まずは書いてみる。そして自分の思う様に書き上げた段階で枚数を数えてみてください。その枚数が自分の作品の適正量の目安です。最初に枚数を決めてしまうと、内容を調整しようと意識してしまいます。無理に長い文章にして薄い中身になってしまったり、大事な部分をはしょって書いてしまったりしてしまうかもしれません。 原稿用紙の枚数より、自分に合った書きたいテーマをしっかりと決めておきましょう。それさえ決めて書き始めてしまえば、原稿用紙300枚の文章を書くことはさして困難な分量ではなくなってくるでしょう。気がついたら予想以上の枚数を書いていた、ということになっているかもしれません。

ちなみに出版する場合、16ページ単位で印刷費がかかります。この16ページの単位を1折といいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です