Menu
自費出版の費用
自費出版の費用

電子書籍と紙の書籍

0 Comment

電子書籍が紙の書籍を出し抜くだろう理由は他にもたくさんあります。紙の書籍は出版まで至っても、ごく一部のベストセラー作品を除けばすぐに絶版されます。売上が伸びなければ見切りを付けられる、極めてシビアな世界です。一方、電子書籍に絶版はありません。すぐには売れなくても、将来売れる日が到来するかもしれません。また書店(電子書籍は仮想書店)での取り扱いが全く異なります。紙の書籍は出版されても書店に並ぶかどうかは書店次第です。「売れると思ったから」、「話題にされているから」、「お薦めできそうだから」といった理由で書店員に選択されている以上、当てはまらなければ取り寄せ注文に頼らざるを得ません。他方、電子書籍はその性質上、並ばないことはありません。サイト閲覧者の目には映ります。もちろんそのまま購入してもらえるかどうかは販売戦略を待たなければなりませんが、そうした戦略に関するアドバイスを出版社に教わることも可能です。

紙の書籍の出版はハードルが上がり続けています。出版不況の最中、確実に売れる本以外は出版しないという基調が間違いなく業界を覆っています。雑誌等は広告企業の意向もはたらいて内容の制約が厳しく、売れっ子のライターの中にも著者の裁量が大きい電子書籍に乗り換える人がいます。多くのデータが物語るのは、そう遠くない将来の出版業界は、間違いなく現在とは異なる勢力図になっているということです。新たな技術革新がどう影響するのかは想像の及ばないところですが、少なくとも紙の書籍は業界の中核には位置していないでしょう。自費出版と親和性を持つ電子書籍が出版業界の主軸になった時、業界の質は残念ながら下がることも予想されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です