Menu
自費出版の費用
自費出版の費用

エッセイの自費出版

0 Comment

小説と違い、エッセイは自分の体験を書けば良いのでハードルが低いとも言われているそうです。ブログやSNSなど、自分のことを発信する機会が増えている現在では、エッセイという本の形で自費出版をしようと考える人も少なくないそうです。

エッセイは、自由です。自分のどんな体験を切り取っても構いませんし、著作権の問題がある場合や特定の人物や国などに攻撃的な内容になっていない限りは大丈夫と言えるでしょう。ただ、書きやすいこともあって、エッセイはその数が多いと言われています。有名な小説家が書くエッセイで初めて売れるというくらいですので、アマチュアが自費出版した場合、売上で見た時には相当厳しくなると言えるでしょう。自分の体験を記録する、身内に配るというくらいの気持ちでいた方が、楽しく書けるかもしれません。

ただし、エッセイだからと言って全く売れないということはないと言えるでしょう。エッセイというジャンルの中でも内容は幅広いですが、その楽しみ方は様々あります。例えば自分の旅行記をエッセイにしてまとめる場合や、珍しい職業や経験したことを取り扱った内容であれば、作者を知らなくとも手に取ってもらえる可能性があります。闘病の記録や妊娠出産であれば同じような経験がある人にも興味を持ってもらいやすいですし、そのターゲットは様々です。ストーリーを作っている小説と比べて、エッセイは人の考えている内容であり、リアルに近いジャンルと言えます。もしも自分に特別な経験がないという場合でも、日常の切り取り方が上手かったり、今までにないような着眼点で物を見ることができたり、笑い話にするのが上手いというのも魅力です。何が強みなのかを考えて書くと良いエッセイが完成すると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です