Menu
自費出版の費用
自費出版の費用

出版と法律

0 Comment

出版業に関わる際に知っておかなければならないということは、法律に関することではないかと考えられます。例えば様々な許可書をきちんと申請しなければ古本屋を開業することはできないということを知っておくことは重要だという風に入れるのではないかと考えられなくもありません。古本やになるためにはこのような法律の穴をかいくぐるような形で開くことはできないため、警察署の中にある公安委員会などによって古物商営業許可証というもの取得しなければならないことは、皆さんも知っていることであるかもしれません。当然のことながら、このような許可証がなければ営業をすることは決してできないので必ず通らなければならない道であるというふうに思ってもらっていいのではないかと考えられるわけです。このような作業を、行政書士などというような専門的な職種の人に頼む人も多いという風に聞いたことがあるような気がしますが、基本的には一人でもできてしまうため余裕があれば自分自身で積極的に行ってみるのも良いのではないかと考えられなくもありません。しかし、公安委員会の人達というのは、とにかく忙しい人が多いため存外に対応されてしまうこともあるかもしれませんが、粘り強く自分自身が求めている書類を作成してもらうようになるとかお願いすることが重要だと言えそうです。警察署の中には、予約を受け付けているようなところもあるというふうに聞いたことがあるような気がするため、確認してみるのが良いかという風に言えるのではないかと考えられます、一般的に古本などを売るために必要な古物商営業許可証というのは古いものをどのようなものと定義するかによっても大きく異なっており様々な分類を経て品目を選択する必要もあるためいやや手続きが面倒であるという風に言えるでしょう。また、手数料は2万円足らずとなっており看板を出すための看板代などが数千円かかるなどするという風に言われているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です