Menu
自費出版の費用
自費出版の費用

自費出版の諸経費

0 Comment

 自費出版に掛かる費用と言えば、製本費用、印刷費用、流通費用を真っ先に思い浮かべます。しかしそれらの費用の細かな内訳を認識している人は少ないでしょう。例えば流通費用については、書店との交渉という方法も選択肢として挙げられます。商業出版であれば、書店との交渉は取次店に委ねることになります。書店は約束通り陳列しても、結局売れなければ返品する権利を有しています。つまり書店の負担は管理費のみであり、自費出版はその管理費を著者が負担する仕組みと言えます。出版社によっては、この管理費を出版社が負担するサービスを提供していますが、長期の陳列となると管理費が上がるため、著者もある程度の負担は覚悟する必要があるでしょう。
 では具体的にどれくらいの費用になるのでしょうか。実は出版社によってまちまちで、相場と言えるような基準がありません。ですから諸経費の一部として、ある程度の余裕をもって準備する必要があります。出版社との打ち合わせの時に細部まで確認し、納得できなければ契約を再考することもあり得るでしょう。
 さて、自費出版とは言っても、最低限の編集は、出版社の担当者が行ってくれます。彼らは編集、校正のプロですから、素人の著者が書いた原稿を、微に入り細を穿ちチェックします。具体的な手順としては、次のような例が典型です。まず最初の原稿を出版社に郵送、もしくはメールします。そうすると、出版社から「ゲラ刷り」と呼ばれる形式の印刷物が郵送されてきます。これは、著者の原稿を校正したもので、誤字、脱字、文法の誤り等を修正した上で、簡単な冊子に仕上げた物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です