Menu
自費出版の費用
自費出版の費用

出版で成功できるか

0 Comment

商業出版であろうが、自費出版であろうが、出版を皮切りに自分を磨かなければ、勿体無い話です。中には「一発屋」と言われるような人もいますから、彼らの後追いをしないためには、作家としてどのように立ち振る舞えばよいのでしょうか。長く作家として活躍するためには、フィクション、ノンフィクション共に、伝えたいことを伝えられる作家でなければなりません。しかも、生活できるレベルの収入を維持しなければなりません。それがどれほど難しいことであるのかは、書き手の経験のある人なら分かることでしょう。  1流の作家に共通するのは、伝えたいことの本質は長年変わらないものの、多くの本を出版出来る能力がある点です。つまり本毎に、伝え方、アプローチ方法を変えているのです。また、タイミングを選ばず、出版社の要請に応じて執筆できる作家も重宝されます。大作家を除けば、自分の好きなタイミングで執筆してばかりいると、出版社に嫌われてしまいます。彼らは2流、3流の作家とは異なり、ヒットを出した後、出版社を選ばずに乱発できます。名前だけである程度売り上げが見込めるため、出版社も阿諛追従して協力するのです。その影には、ヒット作の売れ行きの推移が好調であることが欠かせません。数年経っても書店から除かれることなく、年に数冊は必ず売れるのが、彼らの作品の特徴です。  1流作家には他にも特徴があります。ベストセラーを生み出すと、色々な業界からオファーが届くようになります。それらのオファーに対して器用に対応できる作家は、長生きできると言われています。コンサルタントを兼務する人もいますし、様々な付き合いで多様な価値観を蓄え、創造力を高める人もいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です