Menu
自費出版の費用
自費出版の費用

他の著作との差別化

0 Comment

著者の中には、極論を避けようとする人が少なくありません。それ自体は真っ当な姿勢ですが、ありふれた議論を展開しても、読者を惹き付けることはできません。ある程度売れることを期待して出版するわけですから、読者に新鮮な印象を与えるような書き方が求められます。新奇な内容を始めから書くことが出来れば問題ありませんが、著者が専門家でなければ、それも難しいでしょう。そのような場合、編集の力量が問われることになります。編集は他の著作との差別化を図り、色々な策を講じます。編集はまず、著者の得意な領域を発掘します。そして、「何故他人はあなたの域に達していないと思いますか」と著者に質問することで、その人の独自性を見出すのです。独自性を軸に著す内容を構築していくと、言い回しが極端になります。例えば、「~だけ心掛けていれば十分」だの「~は思い切って捨てましょう」だのといった表現がそれに当たります。リスキーな表現ではありますが、読者に与えるインパクトは大きく、ある程度の読者数を確保したいのであれば、この種の言い回しを多用するのも効果的です。

 ライターや記者のようなプロでない人は、一様に「読み辛い」文章を書いてしまいます。「読み辛さ」にも幾つかの種類がありますから、先ずはそれらを頭に入れておきましょう。第一に挙げられるのは、リズムが悪い文章です。それから、同じ言葉、言い回しを多用する文章も、プロのライターは避けようとします。内容面では上述したように、独自性がなければ魅力的な文章になり得ません。逆に著者と一部の専門家にしか分からないジャーゴンを頻用するのも、自己中心的でいただけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です