Menu
自費出版の費用
自費出版の費用

ページレイアウトを考えてみよう

0 Comment

本の出版を依頼する場合、原稿の電子データ化と共に、自分で“ページレイアウト”をしてみるのは、非常に有意義なことです。通常ページレイアウトは、依頼を受けた業者の方で行うものですが(組見本と呼ばれています)、依頼する側で望む“形”をアピールしておけば、あとあと二度手間にならず、有効です。依頼する側の意向も汲んだうえで作られた業者の組見本に対して、意見・要望も出しやすくなるでしょう。業者の方でも、依頼者の要望があらかじめわかっていれば、作業するうえでも貴重な参考資料となるからです。このページレイアウトを依頼者側でやっておくことの意義はこれだけではありません。依頼者側にしても意義ある作業となります。なぜなら、推敲が立体的にできる、という利点があるからです。原稿用紙やプリントアウトしたものは、どちらかと言えば平面的なもので推敲した場合、案外気が付かなかったことが出てくるものです。例えば、ページレイアウトされたもので推敲すると、奇数ページと偶数ページとの位置関係で、その本を読む立場になって、話の流れがつながりやすくなるかどうか等、実際目で見て確認できるからです。いま一つ考えられる利点として、出来上がりの“総ページ数”のおおよそが把握できる、ということが挙げられます。これは、自費出版の費用算出において、非常に意義のある大切なことでもあるからです。業者との費用交渉において、大体の総ページ数がある程度事前にわかっているかどうかで、出された見積もりとこちらの思惑との違いが、具体的に見えてくるからに他なりません。ここで、ページレイアウトの簡単なイメージ作りに参考となる方法をご紹介します。実際の版型の大きさにプリントアウトしたものを、同一版型の本に偶数、奇数のページを確かめつつ差し込んでみるということです。これで、完成本に近い状態がイメージしやすくなることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です