Menu
自費出版の費用
自費出版の費用

いろいろある「出版」

0 Comment

「出版」には、大きく分けて「商業出版」と「自費出版」があります。明確な定義があるわけではないのですが、一般に、前者の商業出版は一般の書店で販売するために出版社が企画・制作した本を出版すること、後者の自費出版は、著者が費用を負担して本を出版することとされています。商業出版は出版社が制作費や印刷代、宣伝費など、すべてを負担しますが、場合によっては、著者がある一定の部数を購入するなど、著者が何らかの負担をすることを前提に出版が決定するケースもあります。一方の自費出版ですが、自費出版の本は著者の友人・知人、関係者の間にしか出回らない、というイメージをお持ちの方が多いことでしょう。しかし、自費出版のサービスを提供している業者によっては流通に乗せる(著者の希望による)こともしていますし、自分のSNSなどで発信すれば多くの人に読んでもらえる機会が広がるでしょう。また、今までの自費出版は、文章が好きな人が小説やエッセイ、自分史を書いて出版する、もしくは企業が自社の社史を編纂するときの手段として利用されてきましたが、近年は企業や経営者個人、あるいはコンサルタント、いわゆる〝士業〟に携わる人のブランディング戦略の一つとして、自費出版が注目されています。ちなみに、ブランディングを目的とする出版は「企業出版」あるいは「ブランディング出版」などと呼ばれています。企業出版を行う出版社では、プロの編集者・ライターが制作に携わることはもちろんのこと、出版後のプロモーションを売りにしているところもあります。その場合は通常の自費出版よりも、著者が負担する費用が高額になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です