Menu
自費出版の費用
自費出版の費用

出版社が欲しがる本とは?

0 Comment

本を出版社から出してもらおうとするなら、出版社が望むような本でないと受け付けてもらえません。自費出版ならいざ知らず、出版社へ企画書を出して採用してもらおうとするなら、当然と言えば当然の事。最終的には、購入者が選ぶものですが、その前に出版社というクライアントさんが存在します。そこで、出版社が欲しがる本というのは、どんな本でしょうか。答えは簡単。「売れそうな本」であればいいのです。各出版社それぞれ、編集方針があります。この「売れそうな」という言葉にもいろいろな意味合いが含まれています。単に部数を伸ばせればいいのか、混沌とした世相に問いかける内容をいいと考えているのか、人生どう生きればいいのかを問いかけるような本がいいとするか等、各社マチマチかもしれません。ただ、間違いなく言えることは、著者が有名人だったり、時の人だったり、という要素が付くとかなり高い確率で出版が認められるでしょうが、世間にまだ知られていない著者の原稿であれば、判断できるのは企画書に書かれている内容が、その出版社の編集方針に、いかにフィットしたものかどうかで決まってしまいます。どんなに良い本だと著者が訴えても、その出版社の方針にそぐわなければ「ボツ」の憂き目にあうのはほぼ間違いないでしょう。あとは、企画書で言い表せないことがあれば、編集者を説得するようなプレゼンでも展開するしかありません。他、ちょっと難しいかもしれませんが、有名人にコメントをもらえれば帯に載せてもらう、という手もあるかもしれません。また、最近では自分でブログを作り、少しずつファンを増やしていけば、出版社の方からお誘いがあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です