外壁塗装は建物はもちろん、橋梁、船や、車、日用品など私たちの日常生活と密接して関係のある物に使用され、素材を保護したり、美観を与える上で無くてはならない材料です。

スタンダードな塗料の塗り方としては、製品を造る際の最終工程でスプレーなどによって塗り広げられ、乾燥させた後に硬化して製品を美しいものへと整えます。

かつて、塗料と言えば日本では漆、西洋では乾性油を主体にした油性ペイントが主たるものだと言われていましたが、世界大戦以降の合成樹脂の発展によって、外壁塗装も色々な用途に応じて用いられるようになりました。

塗料は、1回塗りでは数10㎛(㎛一マイクロメーターは1000分の1㎜ )の厚さに塗られることが一般的です。自動車のように高い品質を要求される場合、塗料は錆に強い下塗り、石跳ねに強い中塗り、色合いと屋外の環境に強い上塗りの3層構造で塗られますが、厚さはたったの100㎛程度(10分の1㎜程度)にすぎません。また塗料は都市などにおける景観や自動車などの工業製品のデザインにも重要な役割を果たすほど、私たちの身の回りには塗料で溢れております。

外壁塗装は樹脂、硬化剤、顔料、溶剤、添加剤などの多くの組成物から構成されるているため、使用する側の人々にとってはもしかしたらわかりにくい材料であるかもしれません。外壁などに用いられる塗料などは昔から材料をハイブリッドすることが一般的であると言われており、それ故に塗料の配合設計者においても各組成(原因)と性能(結果)の関連を把握するための実験を重ねることが多いようです。そのため、外壁などに用いられる塗料の特性を知るための性能評価の方法は大切で、外壁塗装と塗膜の両方の評価方法について知っておくことが必要となってきます。

 

外壁塗装で世の中を彩る外壁塗装で世の中を彩る 

 

 

先にもお話しした通り、外壁塗装は私たちの生活の中でも大変身近な存在です。例えばある会社の事務所の椅子に座っているとしましょう。周りを見渡してみますと、机、ロッカーには金属用の焼付塗料、パソコンにもラッカー塗料や紫外線で硬化する塗料、そして部屋の天井には壁用の塗料が塗られています。

街に出れば様々な色の自動車が目につきます。自動車の塗料の下塗りには鉄に付着力があり、防錆力に優れる塗料が塗られています。また、中塗りは石跳ねに対して強い塗料を、上塗りは耐久性があり透明感の塗料が塗られています。

ビルを囲む建築用金属パネルはフッ素樹幅塗料と呼ばれる外壁塗装も塗装されています。また、家屋の壁はこちらも工場で様々な模様の外壁塗装によって塗装された窯業建材のパネルが用いられています。

電車もオートバイも自転車も、鉄橋も船も飛行機も、そして家庭内で用いられる冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、掃除機などにも塗料が用いられ、美しいデザインを実現しています。

このように塗装は素材を保護し、美観を与える材料です。世の中に塗料がなければ、私たちの周りはモノトーンの印象のある世界になっているかもしれません。そして塗料を塗装していない鉄であればたちまち茶色い錆が発生してしまう可能性が十分考えられます。

塗料は、スプレーで塗装するような比較的簡単な方法によって、素材表面に通常数10㎛程度の厚さの膜を形成し、長期にわたってその性能を保持します。外壁塗装を含んだ塗料は塗装によって最終製品になります。

外壁塗装などの塗料をとりまく世界は私たちにとって身近なもので、とても面白いものです。ぜひお時間のあるときに覗いてみてください。

🏠三島市の外壁塗装なら市川塗装