Menu
自費出版の費用
自費出版の費用

投稿者: admin

ページレイアウトを考えてみよう

0 Comment

本の出版を依頼する場合、原稿の電子データ化と共に、自分で“ページレイアウト”をしてみるのは、非常に有意義なことです。通常ページレイアウトは、依頼を受けた業者の方で行うものですが(組見本と呼ばれています)、依頼する側で望む […]

原稿の電子データ化

0 Comment

本を出版しようと考える場合、業者へ渡す原稿として、“手書き”と“電子データ化したもの”の2種類が考えられます。自費で出版しようとするなら、電子データ化したものを渡すのが、費用削減するうえで、必須と考えておいた方がいいでし […]

執筆時間の作り方

0 Comment

原稿を書く行為は、素人の著者にとって大変な作業です。とにかく材料が見つからなければ、書き出すことすら儘なりません。そこで日常生活の中で体験したことを記録していくわけですが、その記録を読み返してみると、時間に追われているこ […]

執筆の進め方

0 Comment

 原稿用紙に向かって文章を書くのは、プロのライターでもない限りは非日常的な行為です。従って、書籍を出版する意思が強ければ、「非日常」を「日常」にする他ありません。そのための第一歩としてお勧めするのが、生活を送る中で思い浮 […]

他の著作との差別化

0 Comment

著者の中には、極論を避けようとする人が少なくありません。それ自体は真っ当な姿勢ですが、ありふれた議論を展開しても、読者を惹き付けることはできません。ある程度売れることを期待して出版するわけですから、読者に新鮮な印象を与え […]

である調の文

0 Comment

真面目な内容の書籍を上梓するとなると、ついつい「である調」を使おうとするものです。しかし著者が自分のキャラクターと相反する文体を強いられることは、出版業界としても抑制したいところです。堅い文章は基本的に読み辛いケースが多 […]

献本の実際

0 Comment

献本する場合、適切な冊数を配らなければなりません。出版社から無料で送られてくる贈呈本を利用するため、基本的には無料で献本することになります。もちろん幾らかの対価を得ても構いませんが、その場合は献本という名義を使うのは控え […]

出版で成功できるか

0 Comment

商業出版であろうが、自費出版であろうが、出版を皮切りに自分を磨かなければ、勿体無い話です。中には「一発屋」と言われるような人もいますから、彼らの後追いをしないためには、作家としてどのように立ち振る舞えばよいのでしょうか。 […]

自費出版とは何か

0 Comment

自著を上梓することに憧れた経験のある人は少なくないでしょう。しかし出版の実際をよく知っている人は、本好きの間でも少ないのが実情です。例えば、出版には商業出版と自費出版とがあることさえ知らない人が少なくありません。商業出版 […]

自費出版の諸経費

0 Comment

 自費出版に掛かる費用と言えば、製本費用、印刷費用、流通費用を真っ先に思い浮かべます。しかしそれらの費用の細かな内訳を認識している人は少ないでしょう。例えば流通費用については、書店との交渉という方法も選択肢として挙げられ […]