Menu
自費出版の費用
自費出版の費用

投稿者: admin

国立国会図書館への納本

0 Comment

本を出版した場合、国立国会図書館法第25条により、国立国会図書館への納本が義務付けられています。いわゆる「納本制度」と言われているものです。これは、出版社が発行する商業出版物はもちろんの事、自費で出版されたものも対象とな […]

出版社が欲しがる本とは?

0 Comment

本を出版社から出してもらおうとするなら、出版社が望むような本でないと受け付けてもらえません。自費出版ならいざ知らず、出版社へ企画書を出して採用してもらおうとするなら、当然と言えば当然の事。最終的には、購入者が選ぶものです […]

出版社で経費をみる出版

0 Comment

本を出版しようとした時、まず思いつくのは出版社で出してもらうということでしょう。確かに、出版社で出してもらえれば、経費は考えなくていいでしょうし、書店に並べて販売してもらうこともできるかもしれません。そうなれば、部数も伸 […]

いろいろある「出版」

0 Comment

「出版」には、大きく分けて「商業出版」と「自費出版」があります。明確な定義があるわけではないのですが、一般に、前者の商業出版は一般の書店で販売するために出版社が企画・制作した本を出版すること、後者の自費出版は、著者が費用 […]

ページレイアウトを考えてみよう

0 Comment

本の出版を依頼する場合、原稿の電子データ化と共に、自分で“ページレイアウト”をしてみるのは、非常に有意義なことです。通常ページレイアウトは、依頼を受けた業者の方で行うものですが(組見本と呼ばれています)、依頼する側で望む […]

原稿の電子データ化

0 Comment

本を出版しようと考える場合、業者へ渡す原稿として、“手書き”と“電子データ化したもの”の2種類が考えられます。自費で出版しようとするなら、電子データ化したものを渡すのが、費用削減するうえで、必須と考えておいた方がいいでし […]

執筆の進め方

0 Comment

 原稿用紙に向かって文章を書くのは、プロのライターでもない限りは非日常的な行為です。従って、書籍を出版する意思が強ければ、「非日常」を「日常」にする他ありません。そのための第一歩としてお勧めするのが、生活を送る中で思い浮 […]

他の著作との差別化

0 Comment

著者の中には、極論を避けようとする人が少なくありません。それ自体は真っ当な姿勢ですが、ありふれた議論を展開しても、読者を惹き付けることはできません。ある程度売れることを期待して出版するわけですから、読者に新鮮な印象を与え […]

出版で成功できるか

0 Comment

商業出版であろうが、自費出版であろうが、出版を皮切りに自分を磨かなければ、勿体無い話です。中には「一発屋」と言われるような人もいますから、彼らの後追いをしないためには、作家としてどのように立ち振る舞えばよいのでしょうか。 […]

自費出版の諸経費

0 Comment

 自費出版に掛かる費用と言えば、製本費用、印刷費用、流通費用を真っ先に思い浮かべます。しかしそれらの費用の細かな内訳を認識している人は少ないでしょう。例えば流通費用については、書店との交渉という方法も選択肢として挙げられ […]