Menu
自費出版の費用
自費出版の費用

投稿者: admin

出版業界の未来

0 Comment

出版業界においても2020年はターニングポイントになります。というのも、内閣府が発表する国民経済計算年報が示している通り、2020年以降はGDPが徐々に低下していくからです。同じような状況が既にアメリカで起こったのですが […]

電子書籍と紙の書籍

0 Comment

電子書籍が紙の書籍を出し抜くだろう理由は他にもたくさんあります。紙の書籍は出版まで至っても、ごく一部のベストセラー作品を除けばすぐに絶版されます。売上が伸びなければ見切りを付けられる、極めてシビアな世界です。一方、電子書 […]

書く枚数

0 Comment

自分の書いた本を出してみたい人は沢山いると思います。自費出版を検討されている方も多いのではないでしょうか。 では、本を作るには一体どれほどの分量の文章を書かなければいけないのか。気になるところでしょう。 一般的には400 […]

訴求力の重要性

0 Comment

出版社から依頼を受けて執筆するといった場合、書き出しは比較的自由と言えるでしょう。しかし、自費出版の売り込みといった際の原稿では話は違うのではないでしょうか。出版の流れとして、編集者が企画をし、作家に原稿を依頼するという […]

印刷の生産管理

0 Comment

印刷業における生産管理では、紙やインキなどの資材調達、設備調達、製作物の進捗管理、 また外注管理、発 送・配送管理に関する企画及び推進など、印刷工程全般をプロデュースする仕事です。 その中でも、システム化からコスト管理ま […]

日本でのオフセット印刷について

0 Comment

1900年に入り、日本にも外国の印刷・製版機械や新しい技術が続々と紹介されるようになり、また日本人の技術者による新しい印刷機も開発されるようになり ました。 日本では、 1914年(大正3年)に、現在のハマダ印刷機械の創 […]

昨今の製本加工について

0 Comment

製本には、洋装本、和装本、 事務用品製本などがあり、製法でも、上製本、並製本、南京製本、中綴など様々な仕 上げの形があります。工程上でも、折り加工、糸かがり加工、ビク抜き、ブッシュ抜きなど、かなり細分化し、工程の数も複雑 […]

自分史は心の遺産

0 Comment

自分史は「孫への手紙」であると言われていたことがあります。手紙と考えることが自分史の原点であり「心の遺産」なのでしょう。孫が祖父の名前すら知らないというような自体ならないためにも手紙として書いてみるのも良いかもしれません […]

自分史は何処まで詳細に書くか

0 Comment

自分史を何処まで詳細に書くべきか、ということは難しい問題です。元も子もない言い方をすれば書く目的によって異なるため個人次第ということになるでしょう。どこまで書けばよいかということは大変むずかしい問題です。時系列を追って書 […]