リフォーム業界で一番注意しなければならないのが塗装業者だと言われています。何故
なら、塗装業者の中には悪徳業者も少なくないからです。一般に外壁塗装は10年前後の耐
久を想定できますが、悪徳業者は塗装前の洗浄で手を抜いたり、塗料そのものを安価なも
のとすり替えたりするため、数年経つと剥がれてしまうことも珍しくありません。工事の
完了時点で見抜くことが出来ればよいのですが、素人にはそれも難しく、結果的に泣き寝
入りしてしまいます。酷いケースを挙げると、100万円に満たない工事に対して、1000万
円を請求されたこともあります。消費者の自己防衛策としては、相場をきちんと調べるこ
とが肝要です。ペンキの価格、人件費、手数料のいずれも相場が存在しますから、インタ
ーネットを利用して勉強して下さい。
 自己防衛策としてもう一つ勉強してほしいことがあります。それは、塗装業界の営業の
実態です。実は消費者の前に現れる営業担当者は、所属する業者に忠実であるとは限りま
せん。契約を自社ではなく、他社に横流しするような人もいるのです。彼らにとって、自
社との労働契約の目的は固定給を得ることに過ぎず、他社の誘いに乗って横流しした方が
、実入りを期待できます。契約1件につき数十万円の報酬が約束されているため、平気で
自社を裏切ってしまうのです。横流しした先の業者が悪徳業者であるかどうかは、彼にと
って興味のない問題ですから、その割を食うのは消費者ということになります。営業マン
は塗装に関する知識も持ち合わせていませんから、細かな相談も期待することが出来ませ
ん。ですから消費者としては、見かけの営業に騙されず、その背後に潜む利権に注意を払
わなければならないのです。