通風や換気がうまく行われたとしても,冷暖房の普及した現代の住まいでは,断熱は必須のものであり ,またそうした環境では,断熱が十分でなければ,結露は防げない。他方,断熱は,極端な温度差をなくすという意味では,結露防止の必須条件ではあるが,そこに「水蒸気の移動を阻止するような防湿層」がないと,結露防止の決め手にならないばかりか,表面結露に対しては有効でも ,断熱材そのものが内部結露を生じさせる原因にさえなってし ま つ。 したがって,一層強固な防湿層を設けて ,内部結露を防止することが必要となり ,さらにはそのための室内に閉じこめられた水蒸気を,換気によっ てより積極的に排出することが求められる。しかし,現代の住まいでは,結露の根本原因ともいえる水蒸気をますます大量に発生させたり ,相対湿度が急に上がるなど,生活の状況や部屋のおかれている状況による結露への影響も大きい。かつてガスストーブは水蒸気を発生させるため,冬の乾燥した空気に自然に湿り気を与えるものとされていたし,今でも石油ストーブの使用の際は,ヤカンをのせて加湿する習慣が定着している。しかし石油ストーブも少なからぬ水蒸気を発生させており結露の被害もこうした誤解によって増大しているともいえる。 確かに,人間の居住環境として気温24度,湿度60 %というのは,健康上適正なものであるかもしれないが,2 4度, 40 %が不健康とはいい切れないし,その差を感じとれる人は少ないであろう。むしろ ,今日の日本の都市では土や緑の不足からくる ,外部空間の乾燥の方が気になる。

これらの乾燥・硬化のメカニズムは大きく分けて,基本的に物理的変化と化学的変化のいずれか,またはその両者の組合せによるものである。

物理的変化は主に塗料中の溶剤等の液体状態を保っていた成分を蒸発させる現象で塗膜を得るもので,一般にこの現象を乾燥といっており,化学変化の場合は一般に硬化といい,空気中の酸素とか湿気また,硬化剤と反応させるなど,酸化重合とか架橋反応などの化学反応によって硬化塗膜を形成するものである。

一般に液剤の蒸発のみで塗膜を形成する物理的変化の場合は,塗料→塗膜が可逆性があり,化学反応によって塗膜を形成した場合,塗料状態と塗膜状態では,展色材の化学構造が変化しており,塗料→塗膜が不可逆性にあり,この点は,塗装上の塗重ね時間などの管理上に大きく影響するもので,塗膜の層間付着性等の問題を生ずる原因ともなる。

いずれにしても,それぞれの塗膜形成のメカニズムをよく理解し,それに応じた管理上のポイントを把握する必要がある。

塗料は塗る物があって初めて存在するので、対象物がどんな形状の物でも覆い被せなければなりません。ゆえに、次の2点が必要になります。

  • 塗れること(流動すること=液体)
  • いつまでもドロドロしないで固まること(塗膜になること=固体)

製品化されている多くの塗料は、一般的にはペンキと呼ぶことと、種類で分けると➀水溶性か油性か、➁屋根用・床用・壁用・プラモデル用など用途別のものがあるくらいでしょうか。

水溶性塗料も油性塗料も固化し、被膜(塗膜)を形成しなければ塗装の目的を達成することができません。固化したら、全ての塗料はチョコとクッキータイプの2種類のみに分類されます。塗膜を加熱した時チョコのように流動するものと、クッキーのように流動しないものとに分類されます。この違いは何でしょうか?液体が固体になる乾燥・硬化過程に原因があります。塗料が乾く間に、塗膜になる樹脂成分の分子量が化学反応で増大する塗料はクッキーになるし、化学反応しない(分子量不変)塗料はチョコになるのです。因みに化粧品のエナメルはチョコタイプの塗料です。速乾性で容易に溶剤で除去できることが特徴です。外壁塗装・屋根用の塗料には対候性が必要ですから、丈夫な膜になるクッキータイプがお薦めです。ほとんどの水溶性塗料は塗膜になるポリマーが水中に粒子として分散しており、粒子同士の融着により連続した塗膜になります。

塗料・塗装分野の人間は、塗料という化学工業製品を開発し、適切な管理の下で塗装し、社会に貢献することを誇りにしています。

実は、リフォーム業界では、悪質な訪問販売によるリフォーム工事での被害が後を絶ちません。
顧客の信頼を裏切る業者が多いのはとても残念なことです。
こうした悪質なリフォーム業者に騙されないためにも、悪質業者の特徴を知っておく必要があります。

まず、悪質業者は大契約を急がせる傾向にあります。
口約束で工事を決めようとしたり、「ただいまキャンペーン中で、本日契約してくだされば、大幅に割引します」など契約を急がせる業者には注意が必要です。
また、不安を煽るような勧誘をしてきます。
「このままだと大変な事になる」「今すぐ工事しないと取り返しのつかない事になる」など、必要以上に不安を煽ってくるのです。

他に、長過ぎる耐久年数を提示してくる場合もあります。
塗料は最も長い耐久性のあるものでも20年ですが、それにもかかわらず、「30年持ちます」などの耐久年数を大げさに言ってくる業者がいます。
そのような業者は決して信用してはいけません。
さらに、あり得ない値引きをしてきたり、「ホームページ掲載やモデル工事をさせていただいたら特別価格で半額にします」や、
「足場代をサービスします」など、過度な割引やサービスが目立つ業者も危険とみてよいでしょう。

このような点に留意しながら、慎重に見極めながら業者を選定するようにしましょう。