塗料は、全ての過程において、溶剤の活躍が欠かせません。溶剤というものは、樹脂を溶
かして塗料自体を塗りやすくするのはもちろんのこと、なるべく物体に対して均一に塗料
を付着させることができるようにする、重要な役割を担っているという風に言ってしまっ
ていいかもしれません。化学反応によって、樹脂が溶けるのをコントロールすることがで
きるようになれば塗料の理解も間違いなく深まるという風に言えるくらいに溶剤に関する
理解は重要であるという風に言えるわけです最近では溶かす力を強めたタイプの溶剤など
も活躍しており様々な現場で用いられるわけです。しかし、残念ながら、昭和の時代や平
成の時代は溶剤を積極的に用いて建物などに塗りつけてきたわけで、これが最近では仇と
なってしまい、結果的には環境汚染を招いているという現実もある、という風に指摘され
ているわけです。いわゆる、光化学スモッグと呼ばれる公害問題などには、塗料などの外
壁塗装などに含まれる、溶剤などが関わっている可能性なども指摘されているというふう
に聞いたことがあるような気がします。この結果、キシレンなどと言った、ごくごく一般
的に使われていた有機溶剤などが禁止されてしまうというような事態になっているという
ことも大きな課題の一つであるという風に言われているわけです。最近では、この辺りの
環境や、人間に配慮した溶剤の開発が進んでおり、環境に配慮したやさしい塗料の登場は
すぐそこまで近づいている、という風に言えるかもしれません。世界的な流れとして、溶
剤自体の使用を制限するという流れが来ているわけですから、これからも活躍をしていく
のではないでしょうか。