塗料に欠かせないのが、添加剤と呼ばれるもので、有機溶剤や樹脂成分などといった塗料を構成する、基本的な要素のものが補いきれなかった成分を、しっかりとサポートすることができるものである、という風に言われることが多いかもしれません。実際のところ、まさにその通りで、添加剤というものは、特に、様々な成分を後から少しだけ足すことで成分を、コントロールしたり、様々な特性を付与することができる、という風に言われているわけです。

添加剤は、どのようなタイミングで追加するのか、という点も、添加剤の性質などによって大きく異なっており、目標とする物などに、きちんと塗料を付着させるための、橋渡しのような役割を担っているというふうに考えていいかもしれません。一般的な、建物の塗料などについて、例をあげれば、水をはじくための加工をする際に、添加剤を入れる場合などもあったりする他、垂れてしまうのを防ぐようにするために、粘り気などを出したりするということなどもある、という風に言われているわけです。

また、塗装する際に重要となってくる空気による、浮きなどを防止するための、空気を破砕するための成分なども配合することができるというふうに、考えられているようです。このように様々なケースで、ぴったりと合うものを洗濯して添加していく、ことが重要であるという風に考えられている、という風に言えるのではないでしょうか。そして、電気部品、 it機器などのように細かい傷がつきやすいものを対象に、塗装をする際などには、擦り傷を防止するための成分などを塗料の中に、配合することで、傷をつけにくくした形で、完成を迎えることが出来るわけです。他にも、商品などをややマットな雰囲気に仕上げたい、というふうに考えた場合には、艶消し剤などを配合することで、同じ色味を醸し出しながらも、マットな雰囲気で光を吸収するような素材に見せかけることもできるなど、果たす役割は、非常に大きいものである、という風に言ってしまっていいかもしれませんね。