リフォーム工事が完了した後も、トラブルが発生する可能性は消えません。お店であれば、開店後に問題が生じることもあります。そうした万一の場合に備えて、アフターサービスと図面の読解法についてはきちんと学んでおきましょう。平面図、部分図、正面図、配線図はリフォーム中、頻繁に目を通すことになります。設計会社と打ち合わせる時も必要ですし、陳列棚の位置を確認したり、照明やコンセントの配置を調べたりするのにも用います。ですから依頼内容やイメージと相違ない仕上がりになっているかどうかは、平面図を介して確認することになります。

 アフターサービスについては、大手のリフォーム業者であれば提供されているはずです。通常請求額と見積り額とが著しく異なる場合、綿密に打ち合わせて書類を更新することになります。しかし開店してから日数が経って問題が発生する場合もあるでしょう。そのような時は、アフターサービスを利用します。定期的にメンテナンスしてくれる業者もありますし、部分的に補償してくれることもあります。但し工事が完了してからしばらく経つと、担当者が交代している可能性もあります。ですから契約の時点で、担当が変わっても保証内容は引き継がれることを確認しておきます。